ヤマハ発動機、富士重から汎用エンジン事業を買収

ヤマハ発動機は、富士重工業から汎用エンジン事業の技術資産と米販売子会社を2017年10月に取得すると発表した。譲渡額は非公表だが、10億円前後とみられる。富士重は17年9月末で汎用エンジン事業から撤退することを決めており、承継先を探していた。ヤマハ発は汎用エンジンのラインアップを増やし顧客の拡大を目指す。