三井物産、自動車設計の独フォワード・エンジニアリングに出資

三井物産は、炭素繊維を使った自動車の設計を手がける独フォワード・エンジニアリングに出資する。出資額は数億円。フォワード社は独BMWなどの自動車メーカーに対し、量産車の軽量化につながる車体の骨組みを設計して提案している。三井物産は自動車向けの炭素繊維事業は成長分野とみており、ノルウェーや韓国の企業にも相次ぎ出資してきた。