富士通、ノルウェー、シンフォニーグループ社のIT支援事業を買収

富士通は、ノルウェーのIT(情報技術)関連企業、シンフォニーグループ(オスロ)からヘルプデスクなどのサービス業務を支援するシステムの導入事業を買収する。買収額は非公表だが、10億~20億円とみられる。同事業の売上高は前期に20億円程度で、来期には倍増を見込む。  シンフォニーグループが米社のサービス管理システムを北欧地域の企業に導入する事業を、英子会社の富士通サービシズ(ロンドン)を通じて買収する。