東海東京、エース証券に出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングスは、関西を地盤とするエース証券(大阪市)の株式の約3割を取得して持ち分法適用会社とする。経営環境が厳しさを増す中、グループに取り込み収益力を強化する。取得価格は数十億円程度とみられ、東海東京は筆頭株主になる見通しだ。エース証券の2016年3月期の連結営業収益は約100億円。名古屋市を地盤とする丸八証券を傘下に持ち、両社合計で19店舗を持つ。